柴犬.net

他の動物との共存

他の動物との共存

犬と他の動物が一緒に暮らす場合、適する動物と適さない動物があります。一般的に、猫、フェレット、鶏、馬、牛、豚などの家畜と呼ばれているものは大丈夫です。特に子犬のころから同じ空間で暮らしていた場合はうまく共存できるようです。お互いが死ぬほどのケガを負わせることはないようですが、相性もあって、犬が他を怖がったり、あるいは逆もあります。こればかりは犬の性格にもより、攻撃的な子だとか極端に臆病な性格の場合は気をつける必要があります。

また、適さない動物といえば、野生の動物です。これらはそもそも飼い主と一緒に暮らすことが困難になると思いますので、やはり犬にとっても共存が難しいでしょう。