柴犬.net

良い柴犬ブリーダーの見分け方

ブリーダーだけでは食べていけない。

良心的なブリーダーは、犬の繁殖だけでメシを食べていない。食べれないのである。

なぜか?

まず、彼らがその犬を繁殖するのは、その柴犬に心から惚れこんでいるからである。売れ筋の犬を何種も繁殖する、ということはなく、一犬種を繁殖している。そしてその犬質の向上すべく努力している。

彼らは日本犬標準(スタンダード)により近づける為優秀な遺伝子を残す努力をしており、遺伝的疾患に関しては、常に勉強し発症をできるだけ減らすよう交配を考えている。

素質ある子犬を選りすぐり、トレーニングして、展覧会やドッグショーに出し…良質のエサ代、グルーミング代、かなりの金がかかる。適切に管理する為、自宅を増改築したり、柴犬専用の小屋を建てたりしている場合もある。

ブリーダーだけで生活しているしている場合は、販売目的で犬を繁殖している可能性が高い。

繁殖業者またはパピーミルとも言う。

利益追及が目的である為、優秀な遺伝子を残すという考えはない。(お金がかかりすぎるから)繁殖犬の運動、エサ、犬舎の掃除など出来るだけコストが掛からないようにする。。血統書は発行されるが、ペットショップで血統書があるから、パピーミルの犬でないかどうかは、素人では判断できない。

例、

良質な毛並みを保つため、母親犬に十分な栄養を与えるためには、質の良いある程度以上の価格のドックフードを与える必要がある。

格安のドックフードを与えているようでは、ブリーダーの品位が疑われる。

良いブリーダーは、繁殖用の台雌、種雄には莫大なお金をかけている。

台雌の欠点を補うべく、種雄を選別することが大切である。

本来ブリーダーとは、その犬種のスタンダードを目指しブリーディングしておりますので、

自分の所に、優れた種雄がいない場合は、その母親(台雌)に合った種雄を求めて

近郊のブリーダー様の所に行き台雌に合う種雄で交配してもらいます。

合う種雄がいない場合は何100キロも離れているのに、車で交配しに行ったり、飛行機を使って交配しておこないますので交配だけで10万円を超えてしまうこともざらです。

また、優れた種雄を手に入れるため、数10万から数100万もかけて購入する方もいらっしゃいます。

一方、繁殖業者(パピーミル)など販売目的で繁殖している方は、毎回そんな事はしません。赤字になってしまうからです。

日本犬標準(スタンダード)とはかけ離れているような柴犬でも平気で繁殖に使います。

また、血統はいいが、欠点があまりにも多く出すぎて格安で譲られたような子も繁殖に使用します。

良いブリーダーは、各地域で行われる展覧会、ドッグショーに自ら出展し、日本犬標準、柴犬のスタンダード沿った理想の柴犬を作ろうと追い求めて、より良質な子孫を作ろうとしています。

春季と秋季に各都道府県で開催される展覧会などに、毎週のように参加し、競い合ってます。

当然、その費用が結構掛かります。
販売目的のみで繁殖しているブリーダーはそのような場所には参加しません。

良質なブリーダーは豆柴を作出することは絶対にない。

これは、マスコミ、テレビ、雑誌等で興味本位に取り上げた結果、真実を知らない一般の愛犬家が本当に存在する犬種のごとき探し求めているからです。

当然、人気がありますから、高く販売出来る。

このことから販売目的のブリーダーはこぞって豆柴を作りたがります。

展覧会に出て、スタンダードとは何か学んでおらず、本来繁殖犬には絶対使わないような欠点の多い柴犬でも小さいからと言うだけで使ってしまう。また乱交配を繰り返し行うところも多く、病気がち、死産等も一般の柴犬に比べて多い。

良質なブリーダーは規格外(小ぶり)の雌を繁殖用に使うことは決してない。小ぶりであることをメリットであるかの如く説明し、通常よりも高い金額を提示していたとしたら、スタンダートを追っているとは間違っても言えず、それは商売目的で繁殖している繁殖業者パピーミルと変わりなし。
また、儲かるので複数の人気犬種を扱っている場合も多い。

良質なブリーダーでも稀に体高不足になる可能性のある子犬が生まれますが、まともなブリーダーであれば欠点があるとして通常の子犬よりも価格は安いはずですので、そのブリーダーの作出した通常の柴犬の価格と比較して高いか安いかを確認するとまともなブリーダーかそうではないか判別出来ると思います。

良いブリーダーは、生後30日に満たない子犬の価格は表示しません。

価格が出せるはずがないからです。

何故なら、歩き出すまで、視力に問題はないか、股関節の異常はないか分かりません。

一般外貎、耳、目、口吻、頭 顎、前肢、後肢胸部、背腰部、尾、被毛などを評価して価格は決定します。

まだ目も開いていないのに価格が提示されているとしたら、それは健康上の問題に関してノーチェックで価格提示しているとしか思えず健康かどうかは全く関係なくただ早く売れれば良いという考えのブリーダーですので選択肢から外した方が良いでしょう。

柴犬専門ブリーダーとは

一体どういう人の事を言うか、お話しさせて頂きます。

本来、柴犬が大好きで、日本犬標準にこだわり、、できるだけ標準に近い柴犬を作ろうと日々努力し、より優れた犬を作出しているブリーダーの犬を展覧会、ドッグショーなどで実際に見て研究を重ねている人たちのことを言います。

犬種の標準というのは、種の保存という意味からとても重要な事であり、その標準にそった形で繁殖している作出家の事を良いブリーダーと言います。

いっぽう、日本犬標準など全く意識せず営利だけで繁殖しているブリーダーが圧倒的に多いのも事実です。

真の意味で柴犬専門ブリーダー見分け方としては、

柴犬単犬種のみを展覧会目的で作出している方

複数犬種扱っている場合は、柴犬の展覧会、ドッグショーで顕著な成績を収めていること

(日保本部賞、全国展入賞など)

 

複数犬種扱っていて、展覧会、ドッグショーにも参加すらしたことない部類のブリーダーは

専門とはいっても、繁殖屋、パピーミルと変わりなし

 

柴犬単犬種のみの扱いでも、標準に近い犬を作ろうという考えは全くなく、標準からはからかけ離れた両親で繁殖しているブリーダーも余りにも多いので注意が必要である。

 

一般の方は、携帯やパソコンのように数年で買い換えるものであれば十分検討して買う飼う人も多いのですが、犬を飼うというのは、15年以上のサイクルになってしまうので、どうしても情報不足で、たまたま見にいったペットショップで可愛ったから、という理由で購入してしまう人が現実あまりにも多いのです。

実は、現在のうちいる子はそのような形で迎えました。結果両膝蓋骨脱臼の先天性の疾患を持っていることを後から知り、その時初めてパピーミルの存在を知りました。

もちろん、この子に何の罪はなく深く愛し可愛がっているのですが、このような疾患が出る可能性のある交配を何ら悪いとも思わず繰り返す繁殖屋(パピーミル)が蔓延るのだけは許せません。

今後、家族に迎えようと考えている子犬がどのような環境で生まれ育ったのか、確認せずに買ってしまうということは、パピーミル(繁殖屋)を儲けさせてしまい、今後もそのような問題のある子犬が作られていく事に、知らず知らず加担してしまう事になる事をご理解下さい。

パピーミル、繁殖屋には廃業して頂き、真摯に犬質の向上の為に努力している作出家のみが潤うような世の中になって欲しいと切に願っております。