柴犬.net

間違ったしつけをしないために

間違ったしつけをしないために

すでに犬を飼われている方の中には、「この子は生まれつき悪い性格に生まれた」とか、「バカな犬だからしようがない」と、犬の性格は最初からどうしようもないものと考えている方もいますが、犬は完全に飼い主さんに依存して生活しているので、飼い主さん次第で性格など、どうにでも変わってしまいます。犬も人間の子供と同じように、素晴らしい素質を持って生まれてきます。悪い犬になったりするのは、飼い主さんの飼い方がまずかったからで、それだけ飼い主さんの責任は大きいといえます。

そうは言っても、それほど神経質になる必要はないと思います。まずは、飼い主さんが、犬が良いことをしたときには思いっきり誉めてあげる、逆に悪いことをしたときは厳しく叱ってあげる、これらがきちんとメリハリをつけてやることで、飼い主さんがリーダーシップを取ること、これが大事です。普段から意識して主導権を握れば、大抵の犬はリーダーと認めます。相手は犬なのですから、遠慮すべきではありません。むしろ、犬の習性から言って、犬は本能的に頼りになるリーダーを求めているのです。犬の社会は完全な縦社会ですから、自分より強いな、と感じれば、素直にそれに従います。そうすることが生存していくことに好都合だからです。

犬のしつけをするということは、人間社会のルールを教え、人間との上下関係をはっきり認識させるということです。犬に人間がリーダーだということを理解させれば、訓練もよりやりやすくなります。また、一つ一つの指示を覚えさせることによって、犬本来の能力や知能を高め、人間との生活の中での適応力、順応力、判断力が向上すれば、飼い主や家族との絆を深めその結びつきも強めることになるのです。

いろいろな問題を解決し、犬のよさを引き出してあげて、犬は素晴らしい動物だ、と実感してください。